« 秋季大会決勝 智辯VS天理 | トップページ | 凄い二人(駒田徳広様) »

2010年10月21日 (木)

凄い2人(安里繁信様)

マツダスポーツ 松田です。

最近お会いして、私が凄いと思った方の一人目です。公益法人日本青年会議所 直前会頭 安里繁信様の講演を16日(土)に聞きました。

この方は青年会議所メンバーが誰もが憧れるすごい男です。sign03なんと、青年会議所に入会するまでは、実家に帰りトラック野郎 実家の年収は約5000万程度だったそうです。しかし、JC(青年会議所)に入り、良い人の例を学び、悪い人を見てはこうなっては行けないと学び、人と人の繋がりを大切に必死に事業と青年会議所運動(明るい豊かな社会の実現に向け活動)をされました。その後昨年には、58代日本青年会議所の会頭となり約4万人の頭になられました。shine

凄いのは、その間に仕事も成長しているのです。今ではシンバホールディングスの会長兼社長です。http://www.symba.jp/ 

人間も熱いのです。sun この様な凄い人についつい質問コーナーで手を挙げてしまいました。thunder 緊張した~。『 JCに入らなかったらどのような人間になっていると思いますかsign03』と言う質問に、『日本一のトラック野郎を目指していた。』とお答えになられました。やはりその世界でも1番は譲れないのかshine頭を使い、人との関わりを大切にし、必死で頑張って来られた結果が今の会社になっているのですね。up

今回がJCとしての最後の講演だそうで、今後は政界に殴りこみなのかsign02『10年後に私と一緒にJC運動ができて良かったと思って頂ける人間になっている。』とおっしゃられ、沖縄から日本のトップを目指すとの事です。どこまで行くのか楽しみです。up

こんな凄い男とツーショットです。scissors

Asatom

小さいけどビッグな男です。

最後に安里直前会頭から皆様に一言

同じDNAを持った金魚が1匹は家庭の水槽で空気も自動に出てきて、浄化もされ餌は毎日くれる。そんな環境に育つと3日もすれば泳ぎを忘れ、浮かんでいるだけになる。この状況で1年が経過すると、尾びれや背びれが退化し、小さいままである。

もう1匹は、池に入れる。その金魚は、餌は自分で考え食べなければ行けない。また、空気も上に上がらなければならない。敵からも逃げなければならない。すると、この金魚は、泳ぎも速くなり、大きく育ちます。

人間ならどうでしょうか?1年間もあれば全く違う人になれるでしょう。との事です。

1年をどう生きるか、また、考えるかで全く違う人間になると感じました。flairさっそく弊社の従業員様に朝礼で報告しました。happy01

やはり目標をしっかりたてて、1年後どのようになっていなければならないのか?しっかり考え努力していかなければならないと思います。また、途中で現状を把握して問題は解決し、検証することも大切です。安里直前会長、ありがとうございます。頑張ってください。この写真を10年後に自慢します。

|

« 秋季大会決勝 智辯VS天理 | トップページ | 凄い二人(駒田徳広様) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事